「トップ」へ  「選び方あれこれ」へ

 
 
 
及川フラグリーンのオリジナルのオベリスクやフェンスは、
 主張が強すぎず、できるだけ普通のような感じで、周囲になじむことを目指しています。
 とは言え、個性がないのもつまらないので、どことなく独特の雰囲気がにじみ出てくるバランス、
 それが素材感と相まって、植物の緑色と相性がよい、そんな感じも意識しています。

 それを支えるのは、「亜鉛アルミ合金メッキ鉄線」という素材です。
 一般的には土木分野で使われる素材で、
風雨にさらされてもさびず、非常に強度があります。

 ガーデニングにとっては、存在感が強すぎるように見えるシルバー色ですが、
 意外にも庭の緑になじみ、背景にスッと溶け込む透明感があります。
 そう、植物の色と相性のよい鉄線です。
 最近のガーデニングでは、緑色の植物の中に、シルバー系の植物を組み合わせる
 
流れがありますが、それに似た効果を生み出します。
 そして、緑で覆われるとより存在感を消し、どんなシチュエーションにも使いやすい、
 これは経験から、間違いなしです。




  
  OFGオベリスクと「ウォーカーズ・ブルース」のさわやかな青、そして浮遊感


     
  OFGオベリスクと「ウォーカーズ・ブルース」、ふわりと枝がからまる


     
  OFGオベリスクは大きめの鉢にも使え、そのシルバーは徐々に落ち着いてきます


     
  細身のナローオベリスクと「クイーン・オブ・ホーランド」との抜群の相性


     
  ナローオベリスクと八重咲きの「円空」、つぼ型の「オブスキュア


     
  ナローオベリスクも大きめの鉢に使え、落ち着いた色合いに変化していきます


     
  テラスフェンスへ、「アオテアロア」と「ジェニー・カディック」の組み合わせと、
  「白万重」と「紫子丸」の組み合わせ


  
  テラスフェンス2台を横並びにして利用、手前は地植えのバラとクレマチス
  赤花:「マダム・ジュリア・コレボン」、紫花:「ミケリテ


     
  テラスフェンスを、玄関前に置いたり、ウッドデッキに置いたり、庭がなくても楽しめる


     
  テラスフェンスを使うと2品種の組み合わせも楽しみやすい
  紫花:「ロイヤル・ベロアー」、青花:「ラプソディー


 

OFGオベリスク(高さ180cm×幅20cm×奥行き20cm) OFGオベリスク(高さ180cm×幅20cm×奥行き20cm)


定価 : 16,800円(税別)
特価 : 15,400円(税別)
(154ポイント)
在庫あり( 12 )

主張が強すぎない、でもどことなく雰囲気のあるデザインを目指したオリジナルです。
ナローオベリスク(高さ180cm×幅20cm×奥行き12.8cm) ナローオベリスク(高さ180cm×幅20cm×奥行き12.8cm)


定価 : 12,400円(税別)
特価 : 11,400円(税別)
(114ポイント)
在庫あり( 6 )

伸びる枝が自然にまとまり、誘引が楽な細身のデザインがポイントです。
テラスフェンス2(高さ152cm×幅50cm×奥行き40cm) テラスフェンス2(高さ152cm×幅50cm×奥行き40cm)


定価 : 23,000円(税別)
特価 : 19,400円(税別)
(194ポイント)
在庫あり( 5 )

鉢植えを置くだけで狭い場所でも立体的にクレマチスを楽しめます。