秋に苗を買った場合


  
トップへ

 

 

翌年春から、より良いクレマチスを楽しむ秘訣として、
 秋にクレマチスを植えることを、おすすめします。

秋?これから寒くなるのに、クレマチスを?」と思うかもしれませんが、
翌年用の仕込みとして、秋に植え込むのがポイントなんです。

 

 

イギリスには、
「秋に急いで、春はのんびり」
という、言葉があるそうです。

また、園芸の1年間のサイクルは、
「9月に始まり、8月に終わるとも言われているそうです。

「9月は土がまだ温かいし、その温もりはさらに2ヶ月残るので、
植えつけと最初の根づきに、最上の条件となります。」

そして、

「戸外で作業するのに、もってこいの天候」とも。


秋植えの最大のメリットは、
春までに根づかせ、株をその環境に慣れさせることにあります。
そうすることで、春に新苗を植え込むよりも、
春〜梅雨時期の病害虫への耐性が高まります
(もちろん、春植えの苗がちゃんと育たないということはありませんよ!)

秋は、最も大切にしていい時期なのかもしれません。


ウラ理由:

春までに完売のおそれのある人気品種は、早めの購入をおすすめします。
(新しい品種、珍しい品種、雑誌に載っていた品種などは特に)

 

植え方はこちらへ

 

■秋植えおすすめ期間
 11月末頃まで(霜が降りるようであれば、それ以前に)
 ※11月末に行われた青森県の植栽では、
  その後、春に向かい問題なく生育し、開花にいたりました。

※あくまでも目安として考えてください。
 それぞれの地域の環境、気温、天候などにより、適期は異なってきます。
 おおむね、霜が降りる前には、植栽を終える、と考えてください。

 

※注意
 
系統・品種によっては、地域により庭植えに向かない品種もありますので、
 各品種の特性を把握した上で、植え込みをしてください。
 よろしくお願いします。

 
トップへ

 



2010-04-17



  | 会社紹介 | 利用案内 | 特定商取引法に関する表示 | お客様センター | お問い合わせ |    
このサイトに掲載されている画像・テキスト・その他諸々の著作権は及川フラグリーンに帰属します。
個人、法人による無断での改変・転載・営利目的での使用一切を、固く禁止させていただきます。
Copyright (c) by Oikawa Flo&Green All rights reserved.