* *
  お買い物かご     注文状況照会     マイページ     お客様センター    
トップへ    新品種と再販品種    立ち枯れしにくい品種    誘引グッズ    必須資材    カタログ    商品一覧   多彩な選び方         見積り
10,000円以上お買い上げで送料無料、会員の方は左上よりログインしてください
Search :



クレマチスとは?


クレマチスは、「つる植物の女王」と言われる園芸植物で、
鉢植えや庭植えで多彩な花を楽しめます。
また、バラや様々な草花との相性もよく、
組み合わせてのガーデニングを楽しめます。

クレマチスは「アネモネ」や「オダマキ」などと同じキンポウゲ科で、
クレマチス属のつる植物です。
(つる性が基本ですが、草花のように使える木立性や、
 枝のからまりが弱い半つる性の種類もあります。)


◆例えばこのような花々。
 全てクレマチス。様々な種類があります。

     


また、昔からクレマチス全体を「テッセン」と呼び、
そちらになじみがある人も多いかと思いますが、
正式には、属名の「クレマチス」と呼びます。
ちなみに「テッセン」とは中国に自生している特定の種類をさします。

 
 テッセン
 C. florida Thunb. var. Sieboldiana Morren
 ↑
 この花だけを「テッセン」と呼びます





★クレマチス=つる性 〜どのように生長するのか〜

 クレマチスはアサガオのように、
 枝自体を絡ませながら生育するのではなく、
 葉のつけ根の「葉柄(ようへい)」という部分を、
 からませながら枝を伸ばしていきます。
 このからみながら生長する、という性質が、
 クレマチスの魅力の元となります。

    





★クレマチスの魅力1 〜オリジナルな育て方、創造的、狭さも活かせる〜

 クレマチスはそのつる性ゆえに、
 他の草花や樹木とは異なる、ユニークな利用ができます。
 何かに枝をからませながら生育していくため、トレリスやフェンスなどの構造物、
 また樹木や宿根草などの植物と組み合わせて、庭をつくりあげていく楽しみがあります。
 様々に手をかけられ、自分オリジナルの育て方ができます。
 その創造的な部分が、クレマチスの大きな魅力の一つです。

 また、狭いスペースであっても、
 そのつる性の特性を活かすことができれば、
 非常に立体的な空間をつくることができます。
 ベランダで何鉢も育てることも可能です。
 つる植物の持つ独特な個性に、庭の可能性が広がります。

 壁面、フェンスに
     

 樹木に
     

 
クレマチスの利用、例えば...

 
・テラスやバルコニーなど、土のない場所で、鉢植えで育てる。
 ・トレリス、パーゴラ、樹木などに絡ませる。
 ・小さい庭の場合、壁やフェンスを有効活用。
 ・ガレージや物置を覆い隠すように植える。
 ・ボーダー・ガーデンなどへの植裁。
 ・グラウンドカバー(地被植物)としての利用。
 ・柵に絡ませ、観賞対象物にする。

 
さまざまに利用できる可能性があるのが、クレマチスの魅力





★クレマチスの魅力2 
〜世界中に自生、多様な特性、豊富な利用や組み合わせ〜

 
クレマチスは世界中に、約300種の自生種があると言われています。
 主に北半球の温帯地域に分布しており、
 特にヒマラヤから中国、朝鮮半島、日本に多く分布し、
 この地域だけで100以上の原種があります。

 
日本にも「カザグルマ」を始め、「センニンソウ」や「ハンショウヅル」など、
 約30種の自生種があるとされています。

 
クレマチスの主な原種の分布

 

 
このように、様々な原種があるために、
 クレマチスには性質の異なるいくつかの系統と、
 それらを元に交配されてできた、
 数え切れないほどの園芸品種があります。
 花形、花期、葉形、落葉・常緑など特性が多様なため、
 使い方や他の植物との組み合わせが豊富にあり、庭での楽しみが広がります。





★クレマチスの魅力3 〜1年を通じて楽しめる〜

 クレマチスには様々なタイプがあり、
 1年を通じて何かしらの花が咲いています。

 
常緑種には秋から真冬、そして春に咲くタイプがあり、
 アトラゲネ系は早春の草花と一緒に咲き出し、
 モンタナ系は春に壁面を花で覆い尽すほどのボリュームになります。
 春咲きのパテンス系(早咲き大輪系)は品種が多く、
 その色の多様性から、選ぶ魅力に満ち溢れています。
 花後の剪定で2番花も咲く咲くジャックマニービチセラ
 テキセンシスのタイプは庭でも使いやすく、
 黄花のオリエンタリス・タングチカ系も味わいがあります。
 つるにならない草花タイプ(木立性)も、クレマチスの利用の可能性を広げてくれます。

 
このようにクレマチスには様々な種類があります。
 日照、温度、風などの環境の特性、
 花色、花形、開花時期、香りなどの植物的特性、
 またクレマチスを植え付ける場所の空間的特性などに応じて、
 様々なクレマチスの選択が可能で、その利用の幅は非常に広いと言えます。

 
ぜひ、クレマチスを楽しんでください。
 ぜひ、クレマチスのある庭いじりを楽しんでください。


 例えばこういうサイクル

   早春 オセアニア系(フォステリー系)
  

   春 アトラゲネ系
  
   春 モンタナ系
  
   春〜初夏 パテンス系(早咲き大輪系)
  
   初夏 ビチセラ系
  
   初夏 オリエンタリス・タングチカ系
  
  
  



2017-01-08



  | 会社紹介 | 利用案内 | 特定商取引法に関する表示 | お客様センター | お問い合わせ |    
このサイトに掲載されている画像・テキスト・その他諸々の著作権は及川フラグリーンに帰属します。
個人、法人による無断での改変・転載・営利目的での使用一切を、固く禁止させていただきます。
Copyright (c) by Oikawa Flo&Green All rights reserved.